コーチング

コーチングとは?

コミュニケーションスキル の一種です。
クライアント自身が納得の行く目標達成をする為に会話を通じてクライアントの行動を促します。
コーチ(Coach)の語源は英語で馬車。クライアントを目標まで導くお手伝いをします。

カウンセリングとコーチングの違い

クライアントの話を聞く、という形をとる意味では「心理カウンセリング」 と似ています。
少し大まかすぎるご説明になりますが、 カウンセリングは、クライアントが抱える問題を解決するために話します。
いわば、マイナスに落ちている状態から0の状態に戻す事を目的とします。
カウンセラーは、そうした問題解決の為の知識や技術を持った専門家です。

コーチングでは、クライアントは”目的”を持ってセッションに望みます。
コーチングはプラスのアクションを起こすためのサポート。
1を2に、2を10にする為のものです。
一人で考えるだけでは難しい視点の移動(考え方の変換)、モチベーションUPや、行動計画の設定など、
その目的・目標をクリアーする為に、クライアントがゴールまでたどり着くサポートをするのがコーチです。

コンサルティングとコーチングの違い

クライアントの話を聞き、目標達成のサポートをする、という意味ではコンサルティングとコーチングは同じです。
コンサルタントは、ある専門分野に関しての知識やデータを豊富に持ち、
クライアントにアドバイスをする役割を果たします。
コーチは基本的に”アドバイス”は行いません(行う場合もあります)。
ですので、専門的なアドバイスが必要なテーマの場合、コーチングは向きません。
コーチングでは、コーチがクライアントにアドバイスを「与える」のではなく、クライアント自身が自分の内側にある
「答え」や「アイデア」を引き出すサポートをします。
自分が受けたいテーマにコーチングが合っているのか、是非無料セッションを受けることをお勧めします。

コーチングを受ける人・コーチングのテーマ

「コーチング」は元々アメリカで、ビジネスリーダー向けに行われたものです。
日本においても、日産のカルロス・ゴーン氏が幹部にコーチをつけた、 という話が有名です。
また、ゼネラル・エレクトリック社のCEOであったジャック・ウエルチもコーチ氏を付けていたと言われています。
しかし、近代では、経営者や会社役員、起業家だけでなく、 一般ビジネスマンの職場での人間関係についてや、
ライフ・プランニングに対するコーチングなど、 幅広いテーマについてのコーチングが行われています。

MEWTでは、女性の生活を応援するコーチングを主に行っています。
それは、私自身が20代で就職・転職、また女性として家庭と仕事のバランスをどうすればいいのか、
そういった人生の岐路でコーチングを受けたことからきています。
人生の方向性を決めるときに、色々と本を読んだり、 人に相談したりもしましたが、なかなか自分が
納得いく答えがでなかった時に出会ったのが、コーチングでした。 女性は仕事、結婚、出産・・・人生の節目で大きな選択をする必要があり、子供・夫・両親など家族の
お世話をする中で、「自分自身の人生」を活き活きと生きる事が、時に難しいと感じます。
一人で考えてもどうしても答えがでない時、現状を変えたいけど何をして良いかわからない時、
ぜひMEWTの「体験コーチング」をご検討ください。

こんな方にオススメです

人生計画(ライフプランニング)を立てたい
現状を変えたいがどうしていいのかわからない
家庭と仕事とのバランスについて悩んでいる
会社を辞めるかどうか考えている
職場や家庭での人間関係を改善したい

コーチングを受けるメリット

自分では気付かなかったアイデアや視点の変化を得ることができる
一人で考えるよりも「短い時間」で「目標」に向かうことができる
テーマについて話すことでモチベーションがUPし行動に移すことができる
定期的にセッションを受けることでモチベーションを維持することができる
自分の人生を自分で創造する軸ができる
(※メリットはテーマやお客様により個人差があります)

コーチングセッションの流れ(3ヶ月コースの場合)

クライアント様のテーマに合わせて、目標達成のお手伝いを致します。
スカイプを用いて毎回セッションを致します。
0-1.まずはコーチング単発コースで、「コーチングとはどのようなものなのか」ご体験ください。
0-2.コーチング契約書/ヒアリングシートのご記入 →コーチング・フィーのお支払い
1.第1回 オリエンテーション テーマ(目標/ゴール)の確認 現状の分析 セッション全体の流れのご説明
2.第2回〜 セッション開始 毎回テーマに沿ったコーチングを行います まずは現状を確認し、 今後目標へ進む為に何が必要なのか、 改善点やアイデア出し、スケジューリング等を行います。
毎回セッション終了時に次回のセッションまでの小目標を設定し、 振り返りを行います。
→毎回セッション・ログ(セッション記録)をメールにて送信致します。 振り返りや次回までのスケジューリングにお役立てください。
→セッションとセッションの間(通常1週間)に何かご質問やお話になりたい点が出てきた場合は、 メールにて承ります。
5回目まで同じ流れを繰り返しながら、目標達成に進みます。
6.全体のまとめ•振り返り コーチング全体を通してのまとめ、振り返りを行います。
その上で今後のヴィジョン作り(フォロー)を行います。
→コーチング全体を通してのまとめログをメールにてお届け致します。